自宅購入を後悔していません

私の今までの人生で一番大きな買い物といえば自宅購入でした。まずなぜ自宅を購入しようかと思ったかといえば、30歳という年齢的なこともありますし何といっても一生家賃を払って財産に全くならないくらいよりは、いっそのこと自宅を購入して自分の財産にしてしまう方が賢いのではないかと考えたためです。

また子供が産まれてどうしても部屋数が足りなくなったというのも購入をしようと思った一因です。ちなみに賃貸の家賃は月65000円(2LDK)で自宅購入での月々の金額が70000円とわずか5000円程度の差であったので決心しました。

自宅購入にしても新築と中古物件と、一軒家にするかマンションにするか、建売にするか注文住宅にするか等といった選択肢は様々ありここが一番悩んだところでもありました。

私の場合は新築で一軒家の建売にしたのですが、なぜこの選択肢にしたかといえば、まず庭があることと比較的自由にできるといった意味合いで決定しました。

「自由」とありますがこれは一番重要な要素で、子供が小さいときは必ずと言っていいほど騒音等で近所の迷惑になることが多いのです。それがきっかけで近所との折り合いも悪くなり住みにくくなる可能性が高いのでマンションは却下となりました。

新築と中古の選択ですが、新築の場合国からの支援金や減税等かなり充実していたので新築に決めました。また中古物件であれば建物の経年劣化はどうしても避けられないので、買ったは良いが買ってすぐに修繕費がかかるといったリスクが高いと感じたため中古は却下となりました。

注文住宅と建売に関しては、基本的に注文住宅はホントに高いのです。建売の場合は交渉次第では家具やカーテン等の備品をそのままいただけるといったメリットがあり建売にしました。

自宅購入の際、貯金自体がそれほどなく頭金の工面のために、生命保険の見直しの意味合いもあって生命保険を解約し頭金の工面をしました。このままでは税金が払えないんじゃ?って時もありましたが、なんとかやってこれています。(※税金支払えない

実際35年フルローンで長い支払いになっていますが月々の支払いを続けることで財産になっていっているのが実感できるので、自宅購入してよかったと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です